ウツ

なんかまた鬱の波っぽいものがきていて、気を抜くとやられる。


映画を観た。ベルイマン『第七の封印』。よく出来た良い映画だったけれど、今観るんじゃなかった。舞台がペスト万延中のスウェーデン、主人公が十字軍遠征から帰路を辿る騎士、無意味な十年の戦いの後で信仰が揺らいでいる。でも故郷は信仰がないと切り抜けられないような暗い状況、しかも死神に出会って死を宣告されたところっていう。とにかく暗いけど、従者(ヨンス)と旅の途中で出会った芸人(ヨフ)のキャラクターがよく出来ていて、喜劇もちょくちょく、そのバランスがとても上手かった。でも今観るんじゃなかった(凄く落ち込んだ)。見ようによっては凄くRPGみたいな映画でもあった。パーティーが増えていく感じ。冒険じゃなくて死出の旅なんだけど。


机のお花。またラナンキュラスを買ってしまった。撮ったのは少し前、今はもう少しくったりしてる。それはそれで可愛い。

机の花

釣った魚

1月9日:
みことさんと一年ぶりくらいにお茶。手作りのブローチを頂く。

20150112-01

石と土台の色合わせがすっごく綺麗。金作り手さん的には「やっぱオールドストーンは輝きが違うね」とのこと。その他の話は、ゲラゲラ笑いながら「そういえば殺人未遂にあったって話したっけ?」だと。中々聞けない話だった。しかし生きててほしいから勘弁してほしい。でも相変わらずよく笑ってて変わってないなとも思った。

1月11日:
会社の人主催の飲み会(誕生日とのこと)。朝まで飲んだ。楽しくないわけではなかったし、知らない人もいたので喋る練習にはなったのだけれど、今後も覚えておきたいと思えるような話はない。やっぱつらかったのかも。何も残らない日々を積み重ねることに何の意味があるのだろう。

1月12日:
明けて本日。昼過ぎまで寝て、起きて、疲れてだらだらしてた。過去記事の整理進めてないうえ、現テーマを根本から修正したくなってきた。バグだらけで書き方も不合理。素人(って言ってしまうのもアレなんだけど実際素人だ)だから仕方ないんだけれど。でも面白いなと思う、昔と全然違って。私はフレームとテーブルでレイアウト作るのが主流だった時代にコピペでサイト作ってたから世界が全然違う。真面目に勉強してみようかなとも思うけど、気力足らんのでもうちょっとコピペで頑張ってみる。ほんと技術者向いてない。

Lylic

十九歳の時だったか。何気ないどうでもいいやりとりで、四つ年上の知人が「ハタチ過ぎると時間が経つの超早いよ」と言っていて、まぁそれは月並みなよく聞く話、なのに今も覚えてるのはきっと私が目前に迫った成人という通過点に怯えていたからなんだろうけれど、いや違うな、おかしな話、今も怯えていて、なるほど。事実だった。

ここで言う「おかしな話」というのは、現在二十五歳でとうに大人であるところの私が今も怯えていること、未来でなく既に起きて体感しているる現実に対して怯えていること、両方だけれど、つまり、「歳を取るのをやめる」ってきっとこういう感覚なんだ。私は変わっていない、世界は歩みを早めていく、必死に喰らい付いてみるけれど、まだ十九歳の少女のつもりなんだろう、私。時間はただの代償だ、怯えることなんかないさ、それこそ十九歳の私よ、お望み通りじゃないか。

孤独も当然だろう。でもこれは月並みな、よく聞く話だ。ハタチを過ぎるとみんな時間に置いていかれて孤独になるんだろうか。分裂した自我の片方が?

彼(時が過ぎて今は”彼女”だ)はどんな気持ちだったんだろう。


大学三年の時、学科の教授の一人が定年を迎え、退職される運びとなった。その人は(私個人の偏見も大いにあるが)典型的な「文芸科の教授」で、「作家になりたかったけれど才能無くてなれなかったので研究者になりました」、バリバリの作家論者、やる気なくボソボソとあらぬ方向を見つめながら語られる話にはすぐカフカが呼び出される、そんなお人で、学生からの人気は全くなく、私自身必修授業だけ受けてしかも全部寝てたんだけれど、それでも退職される前に、一つ、文集のようなものを書かれていったんだそうな。その文集の編纂を、学生からの人気が高い叩き上げの若い準教授がなされたらしいのだけれど、彼が話すことには「文章が全く切れず、何十行もずっと、どこまでも読点が続いていく。書いている本人も長過ぎる一つの文章の途中で、話を忘れて別の方向を向いていったりするもんだから、意味内容を解読するのに時間がかかった。ただ、手書きであれだけ長々と言葉を連ねていけるのは凄まじいことだ」、と。

スーツを着た男どもの世界で、なるべく浮かぬような私服――これは私服なんだろうか、膝丈のタイトスカートも着丈の合ったカーディガンも、全然私の趣味じゃない、わざわざ買ったんだ――を着て「誰にでも読めるメール、誰にでもわかる資料を書け、最初に結論を一行で、文章は一文約30字以下が適当、一段落は3行までが適当」との求めに応じ、サルに読ませることを想定した文字を毎日せっせせっせと書いていると、あの教授を思い出す。

教授は孤独な老人だった。孤独な人間は一息が長い文章を書く。対照に、ビジネス文書の文章は息継ぎが多い。なぜ孤独な人間は息をしないのか。ほとんど死んでるからだ。終わらない文章が閉じ込めているのは、もしくは閉じ込めようとしているのは永遠だ。息継ぎの多い文章に溢れているのは生命力と機敏さだ。


ここから先は普通の日記なんだけれど。

ここ数年、自分の好き勝手に文章を書こうとすると、どうにも文章が切れない。馬鹿みたいに長くなる(今日は自重せず、筆に任せて書いてみた)。それを嫌がって綺麗に書こうとすると、今度は短くなり過ぎる。どちらも私が好きな文章じゃない。調和が必要なのか? やっぱり、大人にならないといけないのか? 正直、年を取るのをやめた私自身のことは、好きだ。「世界が悪い」と思ってる。だからここにいる。


最後に余談。

ほとんど戦前の話だけど、小説家になるか詩人(俳人)になるか、その進路の違いには「体が強いかどうか」がかなり大きな要素を占めている。小説家の方を向くと少しわかりづらいけど、詩人・俳人を見てみれば、中原中也然り、尾崎放哉然り。つまり、「小説を書く」というのは物凄い重労働、体力仕事なんであって、体が弱いとできないのだ。紙の上ではすべて逆転する。(ここで言う「すべて」というのは書いてしまいたいから書いたのであって、全く正確性を欠いた―――……

あけましておめでとうございます&ブログ移転しました

あけましておめでとうございます。

昨年末からぐだぐだ呟いてたwordpressでのテーマ作成が最低限(ほんとに最低限…)完了したので、移転してみました。大変だった。楽しかったけど。苦しんだ、というか今も苦しんでるのはパーマリンクの設定とカスタム投稿周辺。どのページ見てもよくわからん…。ブログとしての機能しか持たせない&ページのアドレスにこだわらないなら、もう少しサックリ出来たのではないかと思う。私はひとまず諦めて、今後の課題に回します。とりあえずブログだけ。

過去記事も移してみましたが、フォーマットが違うので、非常に読みづらいです。リンクやタグもちょくちょくおかしいので、なるべく早く直します。

とりあえず。

今年はいろんなものを作れるよう、頑張ります。

More

Recent Posts

Recent Comments

  • ウツリヅ より
  • ウツMakoto Ohno(KING) より

Calender

201501
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
- - -1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 -

Categorys