仕事について

  • 2015.10.21.Wed 02:23:40
  • 日記

「お前は俺と同じ人間だから、他の頭の悪い人々を手の上で転がすような、ずるさを身に付けないとつらいよ」とも言われた。でも彼は、私に狡猾であることを、勧めたんだったか、勧めなかったんだか。私の頭はアルコールが入るとすぐいい加減になってしまうから、思い出せない。「がむしゃらにやれ。でも無理するな」だってさ。


仕事がつらくてつまんなくて嫌だったので、しかも鬱っぽくなってその仕事もまともに回せなくなってしまったので、面談時に退職を申し出たのが9月の半ば。9月下旬にもう一度面談した時にはまだ辞めるつもり(というか、決心が固まったところ)で、正式に手続きを進めてもらう依頼をした。はずなんだけど。10月中旬の今、結局もうしばらく仕事を続けることになった。


なぜ辞めようかと思ったか、というか、正直なところ、そもそもがこんなに長く仕事を続ける気が無かった。仕事を選んだ理由って、生活の為って理由を取っ払えば、「私は世間知らずと言われることが多いから、言われないように社会出てみよう、一回サラリーマンの集団の中に身を置いてみよう、修行してみよう」くらいの軽い興味の気持ちだ。正直、当初の理由はもう大体達成できたと思う。入り口だけかもしれないけど、(スーツを着た人間どもが言うところの)「世間」のこと、大体わかった。生活の為っていうのも、精神病むのと天秤かけた時に、病まないよう逃げる方を選べるくらいには、周囲からの援助も受けられる状況になっている(親とか恋人とかな。卑怯だけど)。

しかも仕事が嫌いだった。一番嫌なのは、3年半仕事してて尊敬できる人にあまりにも全然出会えてないこと。凄い人はいっぱいいるんだけど、好きな人も少しいるんだけど、あくまで仕事上の話で、本音を打ち明けてしまえば人間としては全然面白く思えない人ばかりで、つらい。「文化が違う…」と未だに思ってしまう…。


なのに仕事を続けることを選んだ。辞めてもよかったと思うけど、結局しばらく続けることにした。理由はあまり無い。退職を正式に申し出た時点で気持ちがだいぶ楽になってしまって、どっちでもよくなってしまった。課長→本部長クラスから退職の引止めにあった(彼らとは一緒に仕事してないし、現場では私、仕事に支障出すレベルで病んでて成果ゼロなので意外だった)。でも一番大きいのは前の職場でお世話になった人と飲んだことだと思う。その人は本当に頭の良い人で、私はこの人に仕事褒められるのが一番嬉しかった。まだ、褒めてくれた。ぼろぼろなのにね。「この人に胸張りたいなぁ」と思ってしまった。私がまだ知らない文化を見てしまった。先を見たいと思ってしまった。


 

とりあえず、来年の夏まで目処で少し頑張る(道半ばで病んだらさっさと診断書もらって辞める)。無論、会社にこんな話はしていない。「資格とって転職したいんで院試受けて大学院行きたい」ってことにしていた。全くの嘘じゃない、けど、本当はべつにまだ全然決めてない。単に辞めたかった。「世間」はそれを許さない(それは建前だけじゃなく、本当にそう思っている人も多いらしい)、私は戦う元気なかったから方便使ったけど、でも「べつにいいんじゃねぇの、逃げるように進んだって、前には進むし」とは、今でも思う。


ここで退職を引き止めてくれた営業あがりの課長さんの話を少し。部署同じだけでほとんど面識のない私に対して、わざわざ時間割いて深夜まで飲んでくださって、多分、本当に親切な方なのだろうし仕事も出来る人なんだろうけど。引止めの話の途中、お金の話をされたよ。「今離婚協議中の自分の奥さん(多額の慰謝料と養育費を求めてきている)が元々専業主婦で、最近パート勤めを始めたけど月10万しか稼げてない。未経験で見通しなく辞めても世間そんなに甘くないよ、そんな風になるの嫌でしょ?」だと。でも、その状況を例えにあげて金の話をするなら、どっちが幸せかわかんないし、目の前の彼はとりあえず墓穴掘る馬鹿だと言わざるをえないんだよ…醜いんだよ……。

毎日こんな感じ、です。許せないもの。許すべきもの。此処に私の情はあるけど、私の愛は無い。もう育む気も無いけど、一度辞めると決めたので、もう少し自由に、勝手に、働きたい。

 

5月も下旬

16日に26歳になりました。今はマンガ描いてます。26歳にもなって? …26歳にもなって。

20150524-01


近況はまた今度。連休明けから配属された仕事が忙しい、中身もつらい。平日は毎日帰って飯食って寝るだけになってる。休日出勤には至ってなくて、週休二日は確保されてるからまだマシなんだけど。日記書いて無い間にマンガ数冊読んだ。あとは今日、母から電話があって愚痴聞かされて泣かれた。正直面倒くさかった。私の時間取らないでほしかった。人に冷たくするの自分が落ち込むから嫌、時間がほしい。優しい気持ちがほしい。

写真

溜まっている分、片っ端からアップロード。


スカビオサと何か。

スカビオサと何か。

タンポポ。

タンポポ

八重桜

八重桜

赤いガーベラ

赤いガーベラ

マーガレット

マーガレット

何か

何か

何か

何か

ハルジオン的なの

ハルジオン的なの

たぶんコデマリ

たぶんコデマリ

東京タワー

東京タワー


ギャスパー・ノエ「ENTER THE VOID」観た。いまいちだった。前作アレックス観てなかったら楽しめたろうけど、なんか質の悪い焼き直しのような…。舞台が東京だけど、東京という街の描き方の自由奔放っぷりは楽しかった。日本人の常識だと、中々ああは描けない。あとは「瞬きするカメラ」とか。ただ、全体的に、観る人間の解釈の幅を狭めるような作りだったと思う(妥当な解釈だとあまり楽しくない、意地の悪い解釈したら楽しそうだけど、材料が少なくて私には難しい)。

描かねば

ご無沙汰ですが日記。散文っぷり激しい。

4月29日:
花瓶買う。ホルムガードのフローラ、ミディアムでお色はスモークです。可愛い。
ライトボックス新調する。
平方イコルスン「駄目な石」読了。表題作良かった。
この人のマンガでもう少し長いの読みたい。
下絵を描く。
アニメ「未来日記」見る。

4月30日:
下絵を描く。
アニメ「未来日記」見る。

5月1日:
下絵をひとまず一通り描ききった。16ページになった。
医者行く。
恋人と喧嘩、仲直り。
アニメ「未来日記」見終わった。全体的に良かったけど、ラストの落とし方は別の形でも いいと思う。まぁまあな終わり方。
しかし本当に新しい形のヒロインで、人気出たのも頷ける。とはいえ物語の進行上仕方な いけど、回を追うごとに「狂人」ってレッテルを貼れるようなキャラになっていってたの で、序盤の単に「ストーカー気質のお茶目なヒロイン」をもうちょっと見ていたかった。

5月2日:
肉親の死を初めて意識する。対象は母だったんだけど。
意識したとき、「もっと甘えられる」と思っていたことに気付いた。
それから、母に対して何も返せていないこと。連想で「結婚しときゃよかった、子供産ん どきゃよかった」。
不謹慎なのだと「これ後でネタになるな」とか。

顛末としては「喉の腫れが引かないので町医者に紹介状書いてもらって大学病院行ったら 「腫瘍かもしれない」という話になり、即日入院手術のつもりで検査したけど腫瘍じゃな かった」という。大事とって数日入院にはなったけど、なんかそれも引っ込みがつかなく なった医者が指示を撤回しなかっただけじゃないか疑惑。とりあえず命に関わる状態では ないらしい。でも今後どこかで手術になるかもとのこと。本人平気そうだし元々弟が付き 添ってたので入院の荷物取りに行くの手伝って後任せて帰る。今回の実家、初めて行った 。道覚えられなかった。弟が頼もしくて嫌だった、くそ、ニートのくせに。私に付き添っ てくれた恋人に感謝。家族に会う直前まで泣いてた。恋人と弟いなかったら母に会ってか らも検査結果出るまで泣いてたかもしれない。あとは、今回のことでまた父を軽蔑した… 。

飲み行く。久しぶりに自分の好きな方向で頭を使うことができて、凄く楽しかった。
帰宅後、飲んでる時話してたネタで恋人と一時間くらい話した。

自分用に少し。
・個々の人間に個性が備わっていることを認めるってことがコミュニケーションの断絶に なるって話が面白かった、そこから「自分の中には何か個性(本質)がある」って信仰に 至るって見方は持っていなかった。

・就職活動で「自己分析」って言葉はよく言われる。学生当時は「自己分析によって、自分の個性(本質)とその商品価値をアピールせよ」ってことだと理解していた。ただ、今思えば、問われているのは、「人材としての商品価値と、その価値があると思わせられるだけの説得力」であって、べつに個性じゃない。むしろ、商品価値は定型的な方がスピーディーに理解できるし汎用性があって良いから、求められてるのはやっぱ交換可能な歯車だ。混同すると死ぬ。

・故郷とは「ノスタルジーを覚える対象」のことだと教わった。場所に限らない考え方もあるらしい。
パッと思いついた対象がこれまで住んできた家や家周囲の景色とかだったけど、家はもう帰れないし、帰りたいとも思わない。景色については帰るって感覚無いし、そもそも何処も開発が進んでそのまま残ってる景色なんてほとんどない。懐かしいとは思う、懐かしいとは思うけど、例えばそれは昔もらったラブレターに感じる懐かしさと全然違わない。ノスタルジーと懐かしさって何が違うんだろうとも思う。

・私が故郷こだわってる理由自体は簡単に説明がついて、今住んでる東京以外に逃げ場がないっていう、ただそれだけなんだけれど(私にとっての「家族」も去年、父母別居と弟ニート化で分解して、今は「恐ろしい」が先に立つ。今回マジで久しぶりに家族と話したよ。職場の人が「実家帰る」みたいな話してると羨ましいと思う。嫉妬する)。

・ところで時間や何かで変化していくもの、例えば生きた人間ってノスタルジーの対象となり得るのかな。

冊子もらう。この日はバキ外伝読んで寝た。絵はとても上手だけどバトルシーンの構図や見せ方が本編と雲泥の差。

5月3日:
府中から多摩川越えて聖蹟桜ヶ丘まで歩く。都心はこの7年くらいでだいぶ歩いたけど、京王線沿線はあまり歩いてきていない。
府中は今日から明々後日にかけて大きな祭りがあるみたいで、神社に出店がたくさん出ていた。オールドスタイルなお化け屋敷なんかもあって、よくよく見たら客寄せの口上しているおばちゃん、新宿花園神社の酉の市で見世物小屋の口上やってるおばちゃんそっくりだった。たぶん同じ団体なんじゃないかな。超楽しかった。歩きながら写真いっぱい撮った。冊子半分くらい読む。

さて。明日は母の見舞いと前の現場の人と飲み。写真は購入した花瓶と今日の散歩。紅花とポピー。ていうか紅花って観賞用で売るんですね…。

20150502-0120150502-02

ハレツ

  • 2015.04.10.Fri 23:44:04
  • 日記

私には、攻撃性と、そいつを溜めるバケツがまずあって。柄杓で掬って自分にかけたり他人にかけたりして生きてるけど、近頃必死で蓋して大人ぶってるから、水位が限界。破裂する。

皮膚病悪化中、デブも進行中。首肩めっちゃ痛い。喉も悪くしてる。岡崎京子展行けなかったなー。syrup16gのライブ先行予約気付かなかったなー。一般無理だろなー。私が大切にしてたもの全部、全部、全部。

生活に愛がない。絵なんて描いてなんになる、私が書きたいのは物語だ、なのに何も無い。

なんになるんだろう、こんな生活、ほんとに。破裂してしまえばいいのに。

あー…、婦人科行かなきゃ…。

IMG_3226

Recent Posts

Recent Comments

  • ウツリヅ より
  • ウツMakoto Ohno(KING) より

Calender

201912
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
- - - - - -1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 - - - - -

Categorys